楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』京都大賞典

先週のスプリンターズSは3歳馬ピクシーナイトの完勝でした。軸馬にはしたけど好枠を生かして一着争いになるとは思っていたが、まさかあれ程の楽勝とは思っていませんでした。もちろん、福永騎手の好騎乗が光っていましたが、それに応えた馬も能力無しでは出来ない事。香港に挑戦するみたいですが、夏場から既に3戦なので休ませて欲しい。

それにしても、今年の中央競馬はルメール、川田将雅、福永祐一の三人に集約されていると言っても過言ではない。勝利数もこの三人がベストスリーだが、重賞はルメール11勝、川田13勝、福永8勝。さらに驚くのはGⅠ勝利。これまで平地GⅠ13戦の内、ルメール4勝、川田3勝、福永3勝と、三人で10勝を占めている。腕があるからいい馬が回って来るのは仕方ないが、他の騎手にも意地を見せて欲しい。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

● 京都大賞典(GⅡ) 芝2400m

出走予定

アイアンバローズ  牡4 56 岩田望

アリストテレス   牡4 57 デムーロ

オセアグレイト   牡5 57 野中

キセキ       牡7 57 和田竜

ステイフーリッシュ 牡6 56 川須

ダンビュライト   セ7 56 松若

ディアマンミノル  牡4 56 荻野極

ヒートオンビート  牡4 56 戸崎

ヒュミドール    セ5 56 幸

ベレヌス      牡4 56 斎藤

マカヒキ      牡8 57 藤岡康

ムイトオブリガード 牡7 56 藤岡佑

モズベッロ     牡5 56 池添

ロードマイウェイ  牡5 56 松山

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

このメンバーならアリストテレスの首位は譲れない。ここ3走は強敵相手という事もあって不甲斐ないレースが続いているが、実力は一枚上。昨年の菊花賞で無敗三冠馬コントレイルを相手にクビ差の接戦に持ち込んだ馬。春先の不振については「道悪が続いて変な風になったのか、宝塚記念も調子が上がらないままに終わってしまった」という音無師。

最終追い切りは栗東CW6F80秒5-38秒8-12秒3。「先週はまだ太かったけど、今日は自分で動いていた。息遣いもいいし良かったですね」と、2週連続て手綱を握ったデムーロ。このコンビは2戦2勝と手が合う上に、デムーロも復調気味。秋のGⅠ戦線のリベンジには、まずこの一戦をキッチリ勝ち上がる事が先決。

対抗にはステイフーリッシュを推す。前々走の競走中止で影響が懸念された上に、大外16番枠の前走は好位からよく踏ん張って5着の健闘。「心房細動明けだったけど、いつもと同じ競馬をしてくれたし、影響は全くなかった」という陣営。オールカマーからは中一週になるが、ダメージがなかったから力は出せると言う。今回は初乗りの川須になるが、開幕の馬場を生かして前目の競馬で抜け出しを狙う

三番手はヒートオンビート。これまでに掲示板を外したのは一回だけという堅実派。オーブン入り後の2戦はオーブン競走に続いて、始めての重賞となった目黒記念と共に2着。栗東芝コースでの調教は5F63秒8-37秒0-11秒8と単走で弾けた。「先週3頭併せでやって出来ているし、今週は単走でサッと。動きも良かったし十分に力を出せる状態」と友道師。重責初制覇で飛躍の秋に踏み出せるか。

GambooBET(ギャンブーベット)で12億円を当てよう

タイトルとURLをコピーしました