楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』京都新聞杯

やっとコロナウイルス禍の2回目のゴールデンウィークが終わった。5連休の人も7連休の人もいたでしょうし、緊急事態宣言の中、外出自粛を守った人も旅行やイベントに出掛けた人もいるだろう。ニュースで観る限りでは結構羽目を外して騒いでいる人達も見掛けた。

でも、コロナの場合は遊んで感染しても『自業自得』で済まされない。その感染者が家族や同僚、知人いや見知らぬ他人にまで感染させる可能性があるから……。確かに感染者を差別するのは良くないけれど、緊急事態宣言下に好き勝手に振舞って感染した人達は顰蹙をかっても致し方ないとも思えてくる。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

● 京都新聞杯(GⅡ) 芝2200m

出走予定馬

エスコバル     牡3 56 藤岡康

ゲヴィナー     牡3 56 岩田望

サイモンメガライズ 牡3 56 武

トーホウバロン   牡3 56 和田竜

ハートオブアシティ 牡3 56 泉谷

ブレークアップ   牡3 56 団野

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

マカオンドール   牡3 56 浜中

ルぺルカーリア   牡3 56 福永

レッドジェネシス  牡3 56 川田

ワイドエンペラー  牡3 56 藤岡佑

ヴェローチェオロ  牡3 56 西村淳

この手薄いメンバーで超良血馬ルぺルカーリアが覚醒する。鞍上福永で日米オークスを制した名牝シーザリオの仔。兄にはやはり福永がパートナーを務めたエピフアネイアや、皐月賞馬サートゥルナーリア等のGⅠ馬が名を連ねる。ダービーへ向けての最後のチャンスで、シーザリオ一族の血が騒ぐ。

栗東P6F81秒5ー38秒6ー12秒0を単走馬なりで軽快に駆け抜けた最終追い切り。「先週併せ馬だったので、今週は単走。いつも通り前進気勢があっていい感じ」という友道師。前走は強いメンバーで2番手からの積極策。レコード決着の中4着と粘った。一度重賞を戦った経験を生かして、天皇賞を制した福永の手綱で抜け出す。

2番手には同厩のレッドジェネシス。未勝利を抜け出すまで4戦を要したが、前走ゆきやなぎ賞は出遅れながら直線は格の違いを見せて圧勝。スタートは悪いが上がり最速を連発する末脚が武器。栗東芝6F83秒5ー38秒5ー12秒1の追い切り。「徐々に良くなっている。重賞でどこまて通用するか楽しみ」と友道師。初挑戦で重賞ゲットなるか。

面白いのはゲヴィナー。デビュー戦は唯一の初出走をものともせずに重馬場の中、スッと2番手に付け直線先頭。内外から追う経験馬に最後まで抜かせなかった。栗東CW6F85秒3ー39秒6ー11秒6を馬なりの追い切り。全体時計はともかく、終いの脚はなかなか。「騎手が乗って感触をつかんでいる。スタミナは十分」と、手応えを見せる陣営。

あの「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」がご自宅で食べられる【俺のEC】

タイトルとURLをコピーしました