楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』レパードステークス

コロナウイルス感染拡大の中、強行したオリンピックもあと3日。しかし、多くの市民の懸念した通りにコロナウイルス感染が止まらない。東京都の一日の感染者が5000人超、全国では15000人超。今月中には東京都で10000人超という予測まで出ている。祭りの後の惨状をどうしてくれるんですか

感染者はもちろん地獄だろうが、感染を免れている一般市民も悠々自適からは程遠い生活を強いられる。せっかくの夏休みも海水浴場の封鎖も多いし、帰省や旅行も躊躇われる。一日中熱中症を気に掛けながら巣籠もりするのも辛い事。オリンピックが終わっても高校野球が始まるのでスポーツ好きなら、何とか過ごせるかもしれないが……

● レパードステークス(GⅢ) ダ1800m

出馬表

 1 ラヴォラーレ    牡3 56 菅原明

 2 レプンカムイ    牡3 56 鮫島駿

 3 タマモブトウカイ  牡3 56 永野

 4 ホッコーハナミチ  牡3 56 浜中

 5 オセアダイナスティ 牡3 56 川田

 6 スマートパルフェ  牝3 54 西村淳

 7 ロードシュトローム 牡3 56 木幡巧

 8 テイエムマジック  牡3 56 藤懸

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

 9 ハンディーズピーク 牡3 56 福永

10 ルコルセール    牡3 56 石橋脩

11 ノーズザワールド  牡3 56 松山

12 トモジャリア    牡3 56 三浦

13 タイセイアゲイン  牡3 56 松若

14 スウィープザボード 牡3 56 津村

15 メイショウムラクモ 牡3 56 柴田善

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

JRA最年長重賞制覇がかかる柴田善騎乗のメイショウムラクモ。逃げ先行でも良し、追い上げの脚も良しで展開不問なら大外15番でも大丈夫。新馬戦大敗からすぐにダート転向。出遅れ癖の不安もなくなり柴田善で3勝2着1回と、ほぼパーフェクト。その2着もオープンでのもので、前走は古馬混合の2勝クラスを7馬身差の圧勝。

美浦南W6F84秒1-39秒0-12秒0を、僚馬を1秒1追って馬なりの併入と抜群の気配。「フットワークと暑さに我慢出来るかの確認したけど、リラックスして走れいて大丈夫」と、柴田善。「あまり馬の邪魔をしない。僕は何にも出来ませんから、馬が自由に気持ち良く走ってくれたら良い」と、自然体で岡部幸雄元騎手の記録を更新する。

向こうが最年長なら、こちらは今年重賞最多勝の川田騎乗のオセアダイナスティ。芝からの転向後3戦2勝だが、その勝ちっぷりが凄い。今回も5番枠なら良い位置に付けられそう。美浦南W6F84秒4-38秒6-12秒2を馬なりでマーク。「もう、仕上がっているので控えめにした。行き脚もつくし、初速もあるので好位追走出来る」と加藤征師。こちらも、自然体で初重賞制覇を狙う

三番手にはルコルセール。こちらもダート転向派で、いきなり3連勝の負け知らず。スタートは良くないが行き脚が良く先行からの快勝続き。前走は古馬相手の2勝クラスで3番手から上がり最速で2馬身半の抜け出し。函館W5F70秒5-39秒8-13秒7を馬なりでマーク。「涼しい函館で調整するメリットは大きい。ただ、ローテーションが厳しいかな」と堀師。中2週だが、それでも好勝負可能の自信有りとみた。

競輪くじならGambooBET(ギャンブーベット)

タイトルとURLをコピーしました