楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』目黒記念

昨日のスーパームーン月食は期待して、ベランダに椅子と高倍率の双眼鏡を持ち出し、テーブルにジョッキとツマミを用意して待ち構えていた。予報は曇りだが微かな望みを託してチビチビ飲みながら待った。が、残念ながら待てど暮らせど月は現れず、空しくジョッキを飲み干す回数が増えるだけ……。

確かに、一日前の予報では晴れだったはずだが、リアルタイムに変わる気象状況の前には天気予報なんてまだまだ信用するには値しないようだ。東京の予報も今日は雨だが金土日曜日は晴れとなっていて、ダービーは良馬場で行われそうだが、本当に信じていいのだろうか。私の競馬予想とどっちが上かな……。

● 目黒記念(GⅡ) 芝2500m

出走予定馬

アイスバブル    牡6 55 石川

アドマイヤアルバ  セ6 53 勝浦

アドマイヤポラリス 牡5 56 吉田隼

ウインキートス   牝4 52 丹内

グロンディオーズ  牡6 56 ルメール

ゴールドギア    牡6 55 田辺

サトノルークス   牡5 55 大野

サンアップルトン  牡5 55 柴田善

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ダンスディライト  牡5 55 横山典

ディアマンミノル  牡4 54 松山

トップウィナー   牡5 55 和田竜

トラストケンシン  牡6 52 吉田豊

ナムラドノヴァン  牡6 54 内田

ヒートオンビート  牡4 55 川田

ミスマンマミーア  牝6 54 福永

ムイトオブリガード 牡7 57 横山武

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

最古の重賞だがダービーの後に行われるので印象が薄いせいか、超一流の参戦はなく今年も混戦状態。勝つのはミスマンマミーア。門別デビューから丸5年、怪我一つなく35戦、正に無事これ名馬。後方からの末脚が武器だが、福永なら少し前に位置してくれるので不発の可能性が低くなる。

栗東W6F81秒6ー11秒5と弾けた最終追い切り。「気温が上がって冬毛も抜けて張りも良くなった。前走時よりもいいですね」と寺島師。会心の差し切りを見せてレコードで制した、大阪ーハンブルグCより更なる上積みを強調。展開にもよるが、牝馬の6歳とは思えない今の充実ぶりなら初重賞制覇か。

2番手には前走ミスマンマミーアにクビ差2着のヒートオンビート。中団から抜け出したところを勝ち馬の切れに屈したが、正攻法の強いレースぶり。デビュー戦から全て2000m以上の距離で掲示板を外したのは1回だけ。ハンディ的に本命馬から1キロ軽くなった上に、鞍上は好相性の川田。少し早めに抜け出して譲らない場面が見られるか。

このメンバーなら実績十分のグロンディオーズ。前走は3400mの東京コースで上がり最速の脚を見せ、人気のオーソリティを最後に捉えた。天皇賞(春)を見送って狙いを定めたこのレース。美浦坂路4F53秒0ー39秒1ー12秒6を馬なりでマークした最終追い切り。「東京コースは合ってるし、距離も全く心配なし」と自信満々の田村師。

宝くじより凄いかも! キャリーオーバー時最高12億円!
しかも1枚200円で買える夢の競輪くじはこれ!

タイトルとURLをコピーしました