楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』マーメイドステークス

いよいよ、本格的な梅雨の天気が続きそう。しかも、最近はシトシトじめじめという鬱陶しい梅雨だけでなく、『線状降水帯』を伴う豪雨になるような危険なケースがある。線状降水帯は最近とみに耳にする。真夏の豪雨時のイメージだったが、今年はもう現れている。そのせいか、今日6月17日から気象庁が発生を伝える情報を発表する事になった。

私は幸いにして、生家にいた頃も今のマンションも大きな川の近くではないので、これまで床上、床下浸水などの被害に遭った事はない。しかし、子供の頃大雨になる度に床上浸水になっていた友達がいて、子供心にも「大変だなぁ、かわいそうだなぁ」と思っていた。その内に友達一家は市外に引っ越ししたので気にかける事もなくなったが、大雨というと彼の事を思い出す。

競輪くじならGambooBET(ギャンブーベット)

● マーメイドステークス(GⅢ) 芝2000m

出走予定馬

アッシェンプッテル 牝5 54 太宰

アブレイズ     牝4 56 浜中

アンドラステ    牝5 55 岩田望

イズジョーノキセキ 牝4 52 西村淳

カセドラルペル   牝5 54 和田竜

キングスタイル   牝4 50 高倉

クラヴェル     牝4 51 横山典

サンクテュエール  牝4 55 川田

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

シャドウディーヴァ 牝5 55 福永

シヤムロックヒル  牝4 50 藤懸

ソフトフルート   牝4 54 横山和

パッシングスルー  牝5 54 荻野極

フィリアプーラ   牝5 54 菊沢

ホウオウエミーズ  牝4 50 丸田

ミスニューヨーク  牝4 53 加藤

レッドベルディエス 牝5 53 幸

荒れる事で有名な牝馬限定のハンディ戦。何が来てもおかしくないメンバーだが、今、一番乗れている川田騎乗のサンクテュエールに期待。本来は先行タイプの馬だが、オークス以降の3戦は出遅れたり、好位置を取れなかったのも敗因。前走は前目から粘って惜しい3着。

美浦南W5F67秒3-38秒1-11秒9のタイムで駆け抜けた最終追い切り。「ゴール前で並んで、その後も1Fぐらい併せる調教。いい感じ、開幕週の馬場で頑張って欲しい」と藤沢師。前走のように積極策で開幕阪神の内回りで、重賞2勝目を目論む。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

対抗には重賞未勝利ながらも実績ではひけをとらないシャドウディーヴァ。距離的には最も適性のある2000mで、本命馬と同様に積極策からのレースなら好勝負。美浦坂路4F52秒9-39秒2-12秒1と文句無しのタイムをマークした追い切り。「少し重たい馬場でも、いい時計で動けていた。何とか重賞を狙いたい」と悲願のタイトルに力が入る斎藤誠師。

3番手にはソフトフルート。この馬も2000mが適距離。前走3勝クラスを突破したばかりだが、秋のGⅠ戦線で実力は実証済み。比較的前の位置からでも速い末脚を使えるのが強味。栗東CW6F83秒0-38秒2-11秒7で僚馬に先着した追い切り。「先週よりさらに動きが良くなった。実戦を重ねる度に良くなっている」と、重賞初制覇に狙いを定めた斎藤崇師。

タイトルとURLをコピーしました