楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』クイーンステークス

最近、毎晩オリンピックを観ているが私達の現役の頃と違って感情表現が大げさになってきた。私は球技だったので一人で戦う時もあればペアを組む事もあったが、1点取る度に大袈裟な声を上げたり握手したりはしなかったし、ましてやハグなんて……。ま、今風と言われればそれまでだが、何か違和感がある。

それは人の眼を意識しているような気がするからだ。そんな事に気を囚われるより、ゲームの状況や自分の今の調子、今のプレーの反省などを瞬時に判断して修正する方が遥かに有効な時間の使い方になる。もちろん、相手や仲間へのリスペクトは大事だが、それはただ大袈裟にハグするより、相手の目を見て感謝の意を現せばいいこと。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

● クイーンステークス(GⅢ) 芝1800m

出馬表

 1 クラヴァシュドール 牝4 55 藤岡佑

 2 イカット      牝4 55 横山武

 3 フェアリーポルカ  牝5 56 三浦

 4 ローザノワール   牝5 55 国分恭

 5 ドナアトラエンテ  牝5 55 川田

 6 マジックキャッスル 牝4 56 戸崎

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

 7 マイエンフェルト  牝5 55 川又

 8 ウインマイティー  牝4 55 デムーロ

 9 テルツェット    牝4 55 ルメール

10 サトノセシル    牝5 55 大野

11 シャムロックヒル  牝4 55 団野

12 シゲルピンクダイヤ 牝5 55 和田竜

ここは、人気になりそうだがマジックキャッスルで仕方ないか。新馬勝ちの後1勝クラス、重賞、重賞と2着が続き三冠レースにも全て参戦し、オークス5着、秋華賞2着と健闘。今年は愛知杯で重賞初制覇。更に、阪神牝馬ステークス2着の後にヴィクトリアマイル3着と着実に力を付けてきた

函館W5F68秒7-39秒4-12秒5で僚馬ドナアトラエンテと併入の最終追い切り。「フレッシュ感があっていい雰囲気。ヴィクトリアマイルの時より大人になっている」と陣営。1800mは初めてだがマイルから2400mまでこなしているので心配はない。秋のGⅠ戦線に向かう為にもここは負けられない。

宝くじより凄いかも! キャリーオーバー時最高12億円!
しかも1枚200円で買える夢の競輪くじはこれ!

対抗にはフェアリーポルカを推す。ここ2戦は地方競馬のダートに参戦したが、思った程の成果は上げられず仕切り直し。昨年は中山牝馬ステークス、福島牝馬ステークスの重賞連勝と著しい進境を見せ付けた。このところ少し勢いが衰えたが、それでも重賞でそこそこの成績を上げ続けている。函館W4F54秒7-39秒7-13秒1の最終追い切りに好感触の陣営。虎視眈々と重賞3勝目に狙いを定める。

三番手にはドナアトラエンテ。ここまで全13戦全て1番人気に推されている期待馬。成績も安定していて、3着までに入れなかったのは前々走の中山牝馬ステークスだけという堅実派。前走の阪神牝馬ステークスは逃げ馬を捕らえきれずに2着と惜しい内容。比較的前に行ける脚質もここでは有利に働きそう。GⅠ7勝馬ジェンティルドンナの全妹が飛躍の秋に向かって弾けてみせる。

タイトルとURLをコピーしました