楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』関屋記念

コロナウイルス感染拡大で帰省も旅行も出来ない夏休み。オリンピックも終わって高校野球を観ながら【巣籠もり】しかないと思っていたら、昨日からの雨は週末まで続く予報。昨日今日と順延になった野球は週末にかけてまた雨に悩まされそう。その雨は全国的に降るようで競馬も重馬場になりそう。

ま、よほど大型の台風が上陸しない限りは競馬が順延になる事もないだろうが、コロナウイルス感染拡大で鬱々とした夏休みを送っているのに、せめて競馬だけでもスカッとした良馬場で観たいものだ。それにしても、最近は芸能界などでも感染者が増えているのに、競馬関係者は《村社会》なのにクラスターもない。よほど自己管理が徹底しているのだろうか。

● 関屋記念(GⅢ) 芝1600m

出馬表

 1 グランデマーレ   牡4 56 藤岡佑

 2 ベストアクター   セ7 56 柴田善

 3 シャドウディーヴァ 牝5 54 福永

 4 ラセット      牡6 56 秋山真

 5 アトミックフォース 牡5 56 武藤

 6 ロータスランド   牝4 54 田辺

 7 ハッピーアワー   牡5 56 丸田

 8 アンドラステ    牝5 55 岩田望

 9 ソッサスブレイ   セ7 56 柴田大

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

10 ブランノワール   牝5 54 丸山

11 ソングライン    牝3 51 池添

12 サトノアーサー   牡7 57 戸崎

13 カラテ       牡5 56 菅原明

14 クリスティ     牝4 54 デムーロ

15 ミラアイトーン   牡7 56 津村

16 プールヴィル    牝5 55 三浦

17 マイスタイル    牡7 57 横山典

18 パクスアメリカーナ 牡6 56 内田

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

3歳牝馬から7歳せん馬までフルゲート18頭の参戦。週末の天気が微妙で尚更混戦に拍車をかける。本命は前走の内容が良かったシャドウディーヴァ。スタートが速くなく後ろからのレースが多いが、スタート随一の福永と組んで好位からのレースが光った前走。1、2馬とはハンディの差だけ後れを取ったが実力は示した。

美浦坂路4F53秒8-38秒7-12秒1を馬なりの調教。「状態は良さそう。自分で体を作ってきっちり仕上がった」と斎藤師。「左回りの方が合う馬だからね。今回は先行馬もいるし、新潟も合うと思う」と、現在新潟リーディングトップの福永。この馬にとって実に17回目となる重賞挑戦で初めてのタイトル獲得か。

相手にはアンドラステ。堅実な馬で掲示板を外したのは一度だけ。重賞でも善戦を繰り返していたが、前走中京記念で初戴冠。新潟での成績もよく昨年のこのレースでも3着に好走。栗東CW4F55秒8-40秒1-12秒4を手綱を押さえたままフィニッシュ。初タイトルの中京記念は1800mだったが、「マイルがベストと思っている馬」と中内田師。3勝を上げているマイルで重賞連覇に狙いを定める。

三番手には唯一の3歳牝馬で挑戦するソングライン。まだ、5戦のキャリアだが桜花賞こそ大敗したものの、前走NHKマイルカップではハナ差2着の惜敗。美浦W5F67秒9-37秒8-11秒5を手綱を持ったまま僚馬を突き放した最終追い切り。「フィジカル面は一段と大人になっているし、メンタル面も成長している」という林師。古馬との初対決となるが51キロなら初戴冠も夢ではない。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

タイトルとURLをコピーしました