楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』ユニコーンステークス

揉めに揉めている内にあと1ヶ月強に迫ったオリンピック。スポーツ好きな私は数年前から何よりの楽しみにしていた。しかし、あっという間に世界中を席巻したコロナウイルス感染によって翻弄され続けた1年半。オリンピックも例外ではなく日本中で侃々諤々の末、納得出来る説明もなく開催されようとしている。

自国で開催されるオリンピックにこれ程喜びがないなんて不幸の最たるものであろう。いざ始まってしまえば選手達のパフォーマンスに一喜一憂するだろうし、それが国民の命と健康よりもオリンピック強行を優先する政権の狙いなのだろう。しかし、それが政権浮揚に繋がる事は決してない。祭りの後の寂しさで現実に戻った瞬間、それまでの溜まった怒りが政権を切り裂くことだろう。

食べログ評価3.5「俺のフレンチ」をご自宅で【俺のEC】

● ユニコーンステークス(GⅢ) ダ1600m

出馬表

 1 ゲンパチフォルツア 牡3 56 木幡巧

 2 スマッシャー    牡3 56 坂井

 3 ティアップリオン  牡3 56 内田

 4 ラペルーズ     牡3 56 ルメール

 5 イグナイター    牡3 56 武藤

 6 クリーンストレイト 牡3 56 田辺

 7 ケイアイロベージ  セ3 56 三浦

 8 サンライズウルス  牡3 56 藤井

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

 9 ブラックアーメット 牡3 56 津村

10 プロバーティオ   牡3 56 デムーロ

11 ヴィゴーレ     牡3 56 丸山

12 ローウェル     牡3 56 団野

13 ピンクカメハメハ  牡3 56 北村宏

14 カレンロマチェンコ 牡3 56 松若

15 サヴァ       牡3 56 石川

16 ルーチェドーロ   牡3 56 戸崎

3歳ダートマイルのナンバーワンを決めるユニコーンステークス。現時点で抜けた存在はいないが1番枠を引いたゲンパチフォルツアに期待。同条件の前走青竜ステークスは大外枠から2番手に付ける積極策で直線抜け出し。3勝の内2勝は1200mだがマイルも前走を入れて3戦し、安定したレース内容。

美浦南W5F67秒2-37秒9-12秒8の追い切りは2歳馬に遅れたが計算済み。「先週、先々週と65秒台で走らせているので、今週もやるとお釣りがゼロになってしまうからね」と堀井師。来年2月で定年を迎える堀井師にテン乗りを任された木幡巧が重賞をプレゼント出来るか。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

対抗には本命に挙げたゲンパチフォルツアをヒヤシンスステークスで負かしているラペルーズ。新馬戦の後、門別に移籍してから再び藤沢厩舎に出戻り後に連勝。前走の同じ東京ダート1600m青竜ステークスは1番人気に推されながら出遅れて惨敗。「休み明けを使われて良くなっている。末脚はしっかりしている馬」と藤沢師。継続騎乗のルメールで逆襲する。

3番手にはサンライズウルス。まだ、キャリア3戦だが全て上がり最速の脚で2勝2着1回。東京でのレースも2戦連続して経験しているのも心強い。栗東CW5F69秒1-38秒8-12秒5を馬なりで駆け抜けた最終追い切り。「追い切りの雰囲気は良かった。距離は心配していない」と全て手綱を取る藤井騎手。末脚炸裂で自身の重賞2勝目も狙う。

タイトルとURLをコピーしました