楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』ジャパンカップ

ついにというか、いよいよというか、その日がやってきました。2021年11月28日ジャパンカップ。というよりは昨年の無敗三冠馬コントレイル引退の日。7戦7勝で三冠達成した時はコロナウイルス感染拡大で先の見えない日本に勇気と感動を与えてくれた名馬コントレイル。その後、無理な日程の昨年のジャパンカップ参戦で歯車が狂ってしまったコントレイル。

そのジャパンカップ2着の後、立て直して向かえた今年の大阪杯は雨に祟られて3着。予定していた宝塚記念を取り止めて万全の態勢で参戦した前走天皇賞(秋)は2着敗退。これまでの成績7勝2着2回3着1回は何一つ恥じる事のない数字。しかし、無敗三冠馬としては7勝の後3連敗としか見られないのも事実。最後に三冠馬の誇りをかけた一戦を勝って花道に……。頑張れコントレイル

● ジャパンカップ(GⅠ) 芝2400m

出馬表

 1 ムイトオブリガード 牡7 57 柴田善

 2 コントレイル    牡4 57 福永

 3 ブルーム      牡5 57 ムーア

 4 シャフリヤール   牡3 55 川田

 5 キセキ       牡7 57 和田竜

 6 グランドグローリー 牝5 55 Cデムーロ

 7 オーソリティ    牡4 57 ルメール

 8 ウインドジャマー  セ4 57 北村宏

 9 アリストテレス   牡4 57 横山武

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

10 ロードマイウェイ  牡5 57 三浦

11 シャドウディーヴァ 牝5 55 横山典

12 サンレイポケット  牡6 57 鮫島駿

13 モズベッロ     牡5 57 池添

14 ユーバーレーベン  牝3 53 Mデムーロ

15 マカヒキ      牡8 57 藤岡康

16 ユーキャンスマイル 牡6 57 藤岡佑

17 ワグネリアン    牡6 57 戸崎

18 ジャパン      牡5 57 武

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

本命は鉄板のコントレイル。今更言うまでもないが昨年の無敗三冠馬。その後3連敗しているが、昨年のジャパンカップへの無謀な参戦で歯車が狂った事が全て。それでも2着3着2着と悪条件ながらも馬券圏内を外していないのはこの馬の非凡さ。前走は直線外から最速の末脚で勝ち馬に迫ったが届かなかったのは休み明けのせいか。

栗東坂路4F51秒0ー36秒9ー12秒0を馬なりの最終追い切り。「無理せず、サラッとでこの時計。走った後もケロッとしている」と福永。「引退がもったいないくらいのいい動き。また一段上がった感じがします。三冠馬としての誇りを持った強さを見て頂きたい」と自信満々の矢作師。最後は異次元の強さで伝説と化して引退する。

対抗には今年のダービー馬シャフリヤールを推す。レベルが高いと言われる今年の3歳馬の中でも、コントレイルに天皇賞で土をつけたエフフォーリアと双璧をなす存在。前走は不良馬場で4着に終わったが、良馬場ならダービーの再現もあるか。栗東坂路4F53秒8ー39秒0ー12秒2を馬なりの最終調整。「先週しっかりやっているので整える程度。時計も指示通りで動きも予定通り」と藤原英師。若さで4頭のダービー対決を制するか。

三番手には前走アルゼンチン共和国杯で完勝したオーソリティ。前目の競馬で結果を出しているだけに7番枠も好材料。美浦南W6F84秒6ー38秒1ー11秒6を馬なりの最終追い。「中2週ですが元気です。追い切りもいつもの動きで良かったと思う。順調に来ています。弱いところがあった馬ですが成長していると思います」と木村師。同世代の三冠馬に最後の一戦で一泡ふかせるか。

声だけバイトで1分100円~

タイトルとURLをコピーしました