楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』マイラーズカップ

盛り上がらないと思いながらも、クラシックシーズンは牡牝ともに第一弾の桜花賞と皐月賞を終え、今週からは東京開催が始まりクライマックスのダービーへと向かっていく。牝馬はアーモンドアイ、グランアレグリア、デアリングタクト、ソダシ。牡馬はサートゥルナーリア、コントレイル、エフフォーリアとここ数年は桜花賞、皐月賞ともに人気馬が勝ち上がっていた。

従って、7番人気のスターズオンアース、5番人気のジオグリフが1着になった今年のクラシック第一弾は荒れた感じが強いかもしれない。上記の人気馬達はソダシとサートゥルナーリアを除いては、その後も複数のGⅠを獲得して名馬と呼ばれるに相応しい活躍を示した。人気薄で勝ち上がった今年の2頭はそれらの名馬に続くのか注目していきたい。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

● マイラーズカップ(GⅡ) 1600m

出走予定馬

エアファンディタ  牡5 56 松山

エアロロノア    牡5 56 幸

カラテ       牡6 56 菅原明

ケイデンスコール  牡6 57 岩田康

サトノアーサー   牡8 56 和田竜

シュリ       牡6 56 秋山真

ソウルラッシュ   牡4 56 浜中

ダイワキャグニー  セ8 56 三浦

ファルコニア    牡5 56 川田

ベステンダンク   牡10 56 鮫島駿

ホウオウアマゾン  牡4 56 坂井

レインボーフラッグ 牡9 56 国分恭

レッドベルオーブ  牡4 56 岩田望

ロードマックス   牡4 56 松田

ヴィクティファルス 牡4 56 池添

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

GⅠ安田記念へのステップレースの一つで面白いメンバーが揃ったが、ここはこのところ充実一途のカラテから。若手のホープ菅原明と余程手が合っているのだろう。1勝クラスで足踏みしていた馬が菅原明に乗り替わった途端にあっという間にオープン入りして、重賞初制覇まで成し遂げた。この間殆んどマイルに固定しているのも好感が持てる。そして、前走は1800メートルのGⅡ中山記念2着と善戦

栗東CW6F83秒1ー38秒5ー11秒8の併せ馬での最終追い切り。「爪の不安もなくなったので、2週続けてCWで追い切りました。先週は初めてで戸惑っていましたが、今日は馬場にも慣れてしっかり動けていましたよ」と辻野師。高橋祥師の定年により転厩してきたが、環境にも慣れたようだ。これまで29戦しているが中京以外は全て関東エリアでの出走。初めての関西でのレースになるが外回りの阪神なら差し切る。

対抗には今週から復帰する松山騎乗のエアファンディタ。デビューが遅かった上に1勝クラスで勝ち切れず出世は遅れたが、昨年だけで一気にオープン入り。前走の洛陽ステークスでリステッドを鮮やかに差し切った。栗東坂路4F54秒0ー39秒4ー12秒5を馬なりの追い切りに、「もともと追い切りではそれほど目立つタイプではなかったが、しっかり動けるようになった辺りに成長が感じられます。外へ出せば確実に脚を使えるようになっている」という池添学師。全14戦中12戦で上がり最速の末脚で初重賞初制覇なるか。

三番手はこの距離なら台頭して来そうなレッドベルオーブ。2歳時にはデイリー杯2歳ステークスを勝ち、朝日杯フューチュリティステークスては一番人気に推された馬。その後、皐月賞で敗れた後ほぼ一年間の休養を経て前走六甲ステークスで復帰。栗東CW5F65秒4ー36秒2ー11秒2を強目に追われた最終調整。「折り合い重視て終いをサッと。馬の動きはいいし、あとはジョッキーがどうコントロール出来るか」と藤原師。福永が不在で初騎乗の岩田望に乗り替わるが、成長著しい騎手だけに期待は持てる。

WEB集客0円【エキテン】


 

タイトルとURLをコピーしました