楽しむ競馬回収作戦・『今週の注目新馬』ルージュスティリア他

東京ではコロナウイルス感染拡大が止まらない。今日は東京都では3865人、全国ではとうとう10000人超。一度開いたオリンピックは、コロナウイルス感染が拡大しようが中止しない菅政権。あの『安全安心なオリンピック』は何だったのだろうか。このままでは、祭りが終わった後の東京は屍だらけになるのでは……。

それでも、呑気な日本人は好調な選手の活躍に拍手喝采。ま、私も他人の事を言えた義理ではなく、感染逃れにと部屋でテレビ観戦を決め込んでいる。もう、週末は巣籠もりで【おうち競馬】とオリンピック観戦がセット。ただ、競馬関係者の観戦拡大で開催中止にならない事を祈るだけの不届き者になってしまった。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』


● 今週の注目新馬

ブログ村バナー

注目のディープ牝馬ルージュスティリア

8月1日 新潟5レース 出走予定

ルージュスティリア(牝2) 父ディープインパクト 母ドライヴンスノー

先頃、牡馬で同じように東京ホースレーシング、藤原英厩舎、福永騎手というトリオでレッドベルアームを勝たせたゴールデントリオが牝馬で参戦。2週前追い切りで栗東CW5F68秒6-37秒5-11秒6を福永を背に馬なりでマーク。最後まで余裕十分シャープな伸び脚。既にその時点で9本目の追い切り。

今週の最終追い切りも栗東CW5F65秒8-37秒6-12秒1をやはり馬なりで駆け抜けた。折り合いも付き終いのスピードも十分。今年デビューのディープインパクト産駒牝馬ではまだ目立ったのが出ていないが、いよいよ主役の登場か。今年も相変わらず新馬戦無双を誇る福永と藤原厩舎のダービーコンビで、今度はオークスに狙いを定めるか。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

重賞3勝の姉に続くかサウンドクレア

8月1日 新潟5レース 出走予定

サウンドクレア(牝2) 父キタサンブラック 母サウンドバリアー

こちらも、血統的には負けてはいないサウンドクレア。父はディープインパクトからキタサンブラックに変わったが、重賞3連勝の上にヴィクトリアマイルであのアーモンドアイの2着に食い込んだサウンドキアラの半妹。こちらも、安達厩舎に松山騎手というゴールデンコンビでルージュスティリアと戦う。

馬体重は430キロ台で「まだ線が細く、脚長で薄い感じでもう少し体も欲しい」という安達師。栗東のCWと坂路で丹念に調整を続け、一週前追い切りではCW5F68秒5-38秒3-12秒0を3頭併せの最後方から力強い末脚で最先着でマーク。追う毎に動きは良化している。昨年の牡牝無敗三冠馬の名手対決も相まってゲートインが待たれる。


タイトルとURLをコピーしました