楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』GⅡ日経新春杯❗

明け3歳馬の重賞が2鞍行われたが一番人気に推された馬は共に敗北。昨年の2歳時から口にしているが、今年のクラシックを狙えるような馬が不在。コントレイルのような馬は現れるのだろうか。2歳のGⅠ戦線の3鞍でナミュール4着、セリフォス2着、コマンドライン12着と一番人気は総崩れに終わってしまった

一昨年のコントレイルやデアリングタクトのような無敗三冠馬が誕生するよりは、混戦模様の方が馬券的には面白いという人もいるかもしれないが、やはり光輝くスター候補がいてこそ競馬は盛り上がるもの。昨年の2歳GⅠ戦線では無敗馬の参戦が多くて盛り上がったが、その殆どが一敗地に塗れてしまったが、巻き返しなるか注目していきたい。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

● 日経新春杯(GⅡ) 芝2200m

出馬表

 1 モズナガレボシ   牡5 55 松山

 2 クラヴェル     牝5 54 横山典

 3 マイネルウィルトス 牡5 56 川須

 4 ステラヴェローチェ 牡4 57 デムーロ

 5 ロードマイウェイ  牡6 56 幸

 6 ヤシャマル     牡5 54 松田

 7 アフリカンゴールド セ7 55 国分恭

 8 フライライクバード 牡5 55 武

 9 マイネルフラップ  牡6 53 国分優

10 ヨーホーレイク   牡4 55 川田

11 シュウナンバルディ 牡6 57 坂井

12 エフェクトオン   牡6 53 秋山真

13 トップウイナー   牡6 55 和田翼

14 プレシャスブルー  牡8 55 勝浦

15 ダノンマジェスティ 牡7 55 岩田望

16 トラストケンシン  牡7 53 池添

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ハンディ戦で57キロは楽ではないが、本命には今年の飛躍を期すステラヴェローチェ。これまでのGⅠ戦2着、3着、3着、4着、4着と全て入着は実力馬の証。距離的に長いと思われた菊花賞以外は大きく負けていないし、2200メートルも適距離。ハンディはあるが直線の長い中京コースなら取りこぼしはないはず

栗東CW6F81秒0ー35秒9ー11秒2と好時計で終えた追い切り。「動きは良かったし、これだけの時計が出れば十分です。競馬ではしっかり走ってくれるでしょう」と須貝師。「前の馬を交わせなかったけど、自分的には納得の内容だった」とデムーロ。昨年4戦とも先着を許したエフフォーリアに借りを返す為にも負けられない一戦。

対抗には早くから期待されながらようやく本格化の兆しが見えてきたフライライクバード。3歳時に青葉賞のチャレンジはあったが、じっくり条件戦を勝ち上がって前走アルゼンチン共和国杯で3着と善戦。この距離も得意で比較的前に行けるのも好材料。栗東CW7F99秒0ー37秒5ー11秒5を馬なりで終えた追い切り。「乗りやすかった。メンバーは強いけどチャンスはありそう」と武。遅れてきた大物が真価を発揮するのか

三番手には本命馬と同斤量57キロのショウナンバルディ。正に、無事これ名馬の見本のような馬で条件戦を勝ち上がり、オープン入り当初は苦しんだが最近は成績も安定してきて、前走中日新聞杯で初の重賞制覇。栗東坂路4F51秒7ー38秒1ー12秒6を馬なりで駆け上がった最終追い。「凄く動いていましたね。順調です。重量は2キロ増えるけど中京でやれるのはいいですね」と松下師。タフネスな6歳馬が得意の中京で重賞連覇に挑む。

声だけバイトで1時間2,700円~

タイトルとURLをコピーしました