楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』牝馬最強へオークス

大相撲夏場所が面白い。横綱照ノ富士の体調が万全でないだけに優勝争いは場所前から混戦が予想されていたが、思っていた以上に大荒れ。12日目を終わって2敗で平幕の隆の勝がトップ。一差で照ノ富士、宇良、佐田の海が追う展開。照ノ富士以外は全て平幕力士という状況。膝の状態が悪い中で苦戦しながらも優勝争いに残った照ノ富士は流石。

しかし、他の上位力士は何をやっているんだと言われても仕方ないところ。特に不甲斐ないのが大関陣。貴景勝が6勝6敗、御嶽海と正代は5勝7敗と後がない状況。13日目から横綱、大関のリーグ戦が始まるが、最悪の場合は出場3大関が全て負け越しという前代未聞の結果に終わる可能性も出てきた。今のところ、競馬でいえば万馬券というところだが、どんな結末が待っているのか……。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

● オークス(GⅠ) 芝2400m

出馬表

 1 ウォーターナビレラ 牝3 55 武

 2 スタニングローズ  牝3 55 レーン

 3 アートハウス    牝3 55 川田

 4 ルージュエヴァイユ 牝3 55 池添

 5 サウンドビバーチェ 牝3 55 石橋

 6 サークルオブライフ 牝3 55 デムーロ

 7 ホウオウバニラ   牝3 55 横山典

 8 ナミュール     牝3 55 横山武

 9 エリカヴィータ   牝3 55 福永

10 ラブパイロー    牝3 55 野中

11 ベルクレスタ    牝3 55 吉田隼

12 ライラック     牝3 55 横山和

13 パーソナルハイ   牝3 55 吉田豊

14 シーグラス     牝3 55 松岡

15 ピンハイ      牝3 55 高倉

16 プレサージュリフト 牝3 55 戸崎

17 ニシノラヴウインク 牝3 55 三浦

18 スターズオンアース 牝3 55 ルメール  

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

抜けた馬がいないここは2000メートル以上のレース経験がない桜花賞組より、距離経験がある別路線組を優位とみる。前走のフローラステークスでインコースを上手く立ち回って伸びたエリカヴィータが本命。まだ、3戦だが18頭、16頭、15頭と多頭数のレースを戦い抜いてきた器用さは、この舞台で大きくものをいうはず。

美浦南W5F68秒6ー38秒1ー11秒7を馬なりで併入した最終追い切り。「いい馬ですね。操縦性が高いし、コンディションも良さそう。軽い走りをするし、いい脚を長く使えそう」と、今回初コンビの福永。9番枠に対して「ゲートは問題ないので、どこでも良かった。内と外を見ながら行けるし、出たなりで運べる」という国枝師。二人合わせてオークス5勝と勝ち方を知り抜いている強力タッグで、この馬が重賞連覇で頂点に立つ。

対抗には人気になりそうなサークルオブライフ。勝ち鞍は全てマイルばかりの上に、今年になって勝ち切れていないが、好枠にも恵まれて今回はチャンスありそう。美浦南W5F67秒5ー37秒4ー11秒1を馬なりの追い切りに、「順調にきました。いい動きだったと思います。アーモンドアイのようになってほしいし、この次の秋華賞も頑張ってもらいたい」と先を見据える国枝師。皐月賞に続いて関東所属の同厩舎管理馬によるワンツーまでありそう

三番手には大外18番枠を引いたスターズオンアース。前走の桜花賞は川田の好騎乗と絶好の8番枠にも恵まれたが強い勝ち方。ここ10年、18番はおろか8枠の馬の勝ちはないという厳しい現実だが……。美浦南W6F83秒4ー37秒6ー11秒9を馬なりの追い切り。「すごくいい追い切りができた。2番手から冷静に走れていたし、だんだんと加速して手応えも良かった。自信があります」と言うルメール。未だに今年重賞未勝利の鞍上が、この馬で復活の狼煙を上げられるか。

競輪くじならGambooBET(ギャンブーベット)

タイトルとURLをコピーしました