楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』エリザベス女王杯

どうやら今週も川田、福永騎手の騎乗は見られないようだ。先週から帰国者の自粛期間が3日と分かっていたからエージェントが早めに動けば、GⅠは無理にしても一般レースには騎乗依頼はあったはず。JRAの規定がまだ変わっていなかったという事かな。これから香港遠征もある事だし早くJRAも対応して欲しいね。

海外より国内の競馬が重要な私としてはトップジョッキーが二人も騎乗出来ないのは頭にくる。ドバイは賞金が高いから参戦する馬主の気持ちも分かるけど、アメリカのBCはダートは強豪揃いだけど芝のレースで勝っても大した箔にはならない。GⅠが目白押しのこの時期、アメリカや香港に遠征して2週間も騎乗出来ないなんて勿体ない。


あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

● エリザベス女王杯(GⅠ) 芝2200m

出馬表

 1 レイパパレ     牝4 56 ルメール

 2 クラヴェル     牝4 56 横山典

 3 アカイトリノムスメ 牝3 54 戸崎

 4 イズジョーノキセキ 牝4 56 和田竜

 5 ステラリア     牝3 54 松山

 6 ランブリングアレー 牝5 56 吉田隼

 7 シャムロックヒル  牝4 56 団野

 8 テルツェット    牝4 56 デムーロ

 9 ウインマリリン   牝4 56 横山武

10 ムジカ       牝4 56 秋山真

11 ソフトフルート   牝4 56 岩田望

12 デゼル       牝4 56 武

13 リュヌルージュ   牝6 56 富田

14 ロザムール     牝5 56 池添

15 ウインキートス   牝4 56 丹内

16 アカイイト     牝4 56 幸

17 コトブキテティス  牝4 56 柴田善   

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

本命にはレイパパレ。少し内側が傷んできた阪神競馬場で1枠1番は逃げ、先行のこの馬にとって必ずしも朗報とは言えないのかも知れない。しかし、そこは初コンビのルメールを信頼してこの馬を選ぶ。6連勝で無敗三冠馬コントレイル等に圧勝した大阪杯以降連敗。しかも、首位争いも出来ていない点は心配だが、ここでは格上で狙ったレースだけに好勝負可能

栗東坂路4F52秒9ー38秒4ー12秒5の最終リハ。「乗りやすかったし、よく伸びてくれました。リラックスして、いい動きでした」と、今回初コンビのルメール。「御しづらい感じは見て取れませんでしたし、いいコンタクトが取れていたと思います」と高野師。2連敗中の2200mだが、得意の淀で復活の狼煙を上げる。

対抗にはオールカマーでレイパパレに完勝したウインマリリン。まだGⅠ勝利こそ無いが、今年牡馬相手にGⅡ2勝は実力の証。美浦W5F69秒0ー38秒6ー11秒5の単走での追い切り。「動きを見る限り、(熱発の影響は)気にせずレースに迎える」と手塚師。中間の熱発は気掛かりだが、仕上がりに合格点の師。GⅠ3連勝を目指す横山武を背に、悲願のGⅠタイトル奪取に牙を研ぐ

三番手には、このところ乗れてきたデムーロ騎乗のテルツェットを推す。前走のクイーンステークスで強敵マジックキャッスルを捩じ伏せた末脚は特筆物。美浦南W6F85秒9ー38秒4ー11秒7と、キラリと光った末脚。関西初参戦の上に阪神内回りコースだが、内が荒れている上に有力馬が比較的前で競馬する傾向だけに、直線外から自慢の末脚でまとめて差し切るシーンがありそう。

あの「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」がご自宅で食べられる【俺のEC】

タイトルとURLをコピーしました