楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』スワンステークス

さぁ、天皇賞。予報では東京地方は平日も週末も雨の気配はなし。天皇賞は絶好のコンディションでのレースになりそう。ただ、開催8日目になって内は荒れているだろうし、レコード決着するようなタイムにはならないだろう。既に、枠順が発表されたが注目の三冠馬コントレイルは1番枠を引いた

仕上がりは良くて調教タイムも出ているようで、このメンバーなら一年ぶりの勝利は、間違いなしとみていたが、この最内枠がどう影響するのか。私個人としては6番8番辺りが最高と思っていただけに、ほんの少しだが不安材料とみている。ただ、ある程度前に行こうと思えば行けない馬ではないし、名手福永が何とかしてくれるだろう。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?


● スワンステークス(GⅡ) 芝1400m

出走予定馬

アイラブテーラー  牝5 54 藤岡佑

カツジ       牡6 57 浜中

ガゼボ       牡6 56 川又

ギルデッドミラー  牝4 54 団野

クリノガウディー  牡5 56 岩田康

サウンドキアラ   牝6 54 松若

ステルヴィオ    牡6 57 和田竜

セイウンコウセイ  牡8 57 勝浦

タイムフライヤー  牡6 56 池添

ダノンファンタジー 牝5 55 川田

ビッククインバイオ 牝4 54 秋山真

ファーストフォリオ 牝4 54 藤岡康

フィアーノロマーノ 牡7 56 鮫島駿

ホウオウアマゾン  牡3 54 坂井

マイスタイル    牡7 56 横山典

リレーションシップ 牡4 56 松田

ルークズネスト   牡3 54 幸

ルフトシュトローム 牡4 56 岩田望

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

抜けた馬がいない多頭数競馬で難解な一戦だが、ここはレベルの高い3歳牡馬のホウオウアマゾンから入る。枠にもよるが常に先行する積極的なレースセンスが魅力。阪神内回りなら粘って好戦が期待出来る。これまで7戦全てマイルだが、レースぶりから1400mは初めてでもマイナスにはならない。デビュー以来、5ケ月も開いたのは初めてだが、調子は悪くない。2個目の重賞制覇で今後への飛躍に繋げる。

対抗にはやはり3歳牡馬のルークズネストを推す。これまでの7戦全て幸が手綱を取って手の内に入れている。1400mはファルコンステークスを逃げ切って重賞初制覇。27日の追い切りでは栗東CWを単走馬なりで、ラスト1Fは11秒6の切れ味。「いい動きだった。一回使った上積みはあるし、距離もマイルより1400mの方が良い」と浜田師。ここを勝ってGⅠ戦線に殴り込みをかけるか。

三番手には実績最上位のダノンファンタジー。2歳から3歳にかけてはクラシック戦線総なめの勢いだったが、善戦及ばず無冠。その後、距離は短縮してきたがかっての輝きは取り戻せていない。しかし、今回の阪神1400mは昨年の阪神Cで圧勝した条件。主戦川田に手が戻って、このコース、この相手なら恥ずかしいレースを見せる訳にはいかない。

競輪くじならGambooBET(ギャンブーベット)

タイトルとURLをコピーしました