楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』東京スポーツ杯2歳ステークス

先週の競馬は極端な波があって翻弄された気がする。土曜日は堅い馬券が多くてウンザリしたが、その反動のように日曜日は大荒れ。メインのエリザベス女王杯までも高配当。三強と言われたレイパパレ、アカイトリノムスメ、ウインマリリンが6着、7着、16着と馬券圏内はおろか掲示板にも載らないというレアなケースになってしまった

もちろん、競馬だから何が起こるか分からないが、特に牝馬は牡馬よりも体調面での起伏があるようで予想しづらい。今週のマイルチャンピオンシップも3頭の実績馬が参戦するが、果たしてどうなることやら……。ま、それだから競馬が盛況なのだろう。毎回人気通りに決着する低配当が続いたら馬券買う気がしなくなる……。

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

● 東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅡ) 芝1800m

出走予定馬

アサヒ       牡2 55 田辺

アルナシーム    牡2 55 武

イクイノックス   牡2 55 ルメール

グランシエロ    牡2 55 三浦

スカイフォール   牡2 55 横山典

ダンテスヴュー   牡2 55 川田

テラフォーミング  牡2 55 石川

テンダンス     牡2 55 和田竜

デリカテス     牡2 55 坂井

トーセンヴァンノ  牡2 55 戸崎

ナバロン      牡2 55 デムーロ

レッドベルアーム  牡2 55 福永

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

ここは兄姉が活躍している注目の血統馬レッドベルアームが新馬戦に続き連勝する。新馬戦は着差こそ半馬身だったが終始余裕あるレース運びで伸び代は十分。騎乗した福永も藤原英調教師も能力は認めていて、5ヶ月成長を促してどのくらいのポテンシャルが発揮出来るか楽しみ。兄達に続いて3年連続重賞制覇なるのか注目。

栗東坂路CW5F67秒1ー37秒4ー11秒8の最終追い切り。「本番から逆算して早めに入厩、下地を作って本数を重ねてきた。先を見据えた仕上げですけど、いい動きをしています」と藤原英師。目標はホープフルステークスかもしれないが、そのためにはここで負けられない。今年に続いて藤原、福永コンビのダービー連覇への第一歩となるか。

相手は新馬戦で2着に6馬身差と圧巻の走りを見せたイクノイックス。しかも、このレース3着のサークルオブライフがアルテミスSを制覇。一番人気で4着のサトノヘリオスが次の未勝利戦でレコードタイムで快勝するなどハイレベルな新馬戦を制した実力は侮れない。美浦南W6F84秒7ー38秒2ー11秒7を馬なりで上がった最終追い切り。「同じ左回りで大きなコースで同じ騎手が乗ります。今回の相手でどれだけの競馬をしてくれるか」と期待する陣営。

三番手にはアイビーステークスでクビ差2着のグランシエロ。これまでの3戦とも全て出遅れながら末脚で好勝負を演じてきた。美浦南W5F68秒2ー38秒6ー12秒0を馬なりの最終追い切り。「単走でも集中していたし、終いの反応も良かった。強い馬が揃ったが、やれていい」と武井師。スタートさえまともなら、末脚一気の場面が見られそう。

競輪くじならGambooBET(ギャンブーベット)

タイトルとURLをコピーしました