楽しむ競馬回収作戦・『今週の重賞チェック』桜へ、チューリップ賞

毎日テレビや新聞、ネット等で流されるロシアの軍事行動。ウクライナとは縁もゆかりもない私だが腹立たしさが日毎に強くなっている。一人の独裁者の誤った判断で多くの血が流され、人の命が失われていく。これはロシアとウクライナの問題と対岸の火事のように見ているだけでは済まされない。中国の習、北朝鮮の金という指導者も同類で、台湾や尖閣諸島などが絡んで日本もウクライナと同様のピンチになる可能性がある。今、ロシアを世界中が団結して止めなければならない。

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

● チューリップ賞(GⅡ) 芝1600m

出走予定馬

アンジェリーナ   牝3 54 横山典

ウォーターナビレラ 牝3 54 武

オーソレミオ    牝3 54 横山和

サークルオブライフ 牝3 54 デムーロ

サウンドビバーチェ 牝3 54 石橋

シークルーズ    牝3 54 三浦

ジャマン      牝3 54 松山

ステルナティーア  牝3 54 福永

スプリットザシー  牝3 54 団野

ツッチーフェイス  牝3 54 小沢

ナミュール     牝3 54 横山武

ピンハイ      牝3 54 高倉

ラリュエル     牝3 54 川田

ルージュスティリア 牝3 54 岩田望

ルピナスリード   牝3 54 池添

格安ドメイン名取得サービス『Xserverドメイン』

本命はステルナティーア。この馬は相当強いはず。新馬戦で上がり3F32秒7で3馬身楽々とちぎったレースは圧巻。2戦目のサウジアラビアRCはコマンドラインに半馬身及ばなかったが、見応えのあるレース内容。前走の阪神ジュベナイルFは向正面不利があってポジションを下げざるを得なかったもので、馬群の中を追走したが伸びを欠いていた。

美浦南W5F68秒4ー38秒8ー11秒8を先行した2勝クラスのセントオブゴールドを追い掛けて、最後まで余裕綽々の手応えで併入した最終追い切り。「走りのバランスはまだ少し前に寄っていますが、コントロールに関しては全く問題ないです。もう少しシャープさが出て欲しいところですが、この一本てま、良くなってくれればと思います」という陣営。前走減った体重が増えている今回は狙い目。

相手には断然人気の2歳女王サークルオブライフ。新馬戦で3着の後3連勝しているが凄味は感じられない。更にデムーロのスタートの遅さも気になる。美浦南W5F67秒2ー38秒4ー12秒0を馬なりの最終追い切り。「先週までに仕上がっているので、今日は終いを確かめるという感じでやりました。動きは滑らかな感じで良かったのではないかと思っています」と国枝師。ここを完勝するようなら桜花賞に一歩前進か。

三番手には前走阪神ジュベナイルF一番人気のナミュール。これまでの3戦全て出遅れているスタートが問題だが、末脚の伸びはピカ一。栗東坂路54秒8ー40秒4ー12秒0の追い切りに、「テンはじわっと運んで長く馬体を合わせる形でラストの反応を確かめてもらいましたが、瞬時にギアチェンジして鞍上もいい感触を得てくれました」と高野師。中間で矯正したという課題のスタートが決まればあっと言わせるかもしれない。

無料店舗会員に登録!【エキテン】


タイトルとURLをコピーしました